RUMI'S WORKS!

絵本作家・クレヨン画家 よしだるみのお仕事日記です☆

「焼けあとのおにぎり」がラジオドラマになるよ☆

こんにちは!今日は真夏のような眩しい日差しです。

2月に刊行された「焼けあとのおにぎり」(国土社・漆原智良著)に取り組んでいた時は寒い冬で、モコモコに着込んでたくさんの資料と取り組みながら絵を描いていました。今年は戦後75周年ということでいくつか展示やイベントをご企画いただいていたのですが、コロナのいろいろで延期になってしまっていました。そんななか著者の漆原先生から弾んだお声で、明るいニュースをいただきました。

☆「焼けあとのおにぎり」がラジオドラマになります
・大阪毎日放送 MBSラジオ
・7月20日~24日 5日連続
・時間 8時~10時30分
(9時30分頃~放送)
・「ありがとう!浜村淳です」の中で。
(46年続く長寿番組)声優さんも出演
・原作 漆原智良 よしだるみ画 ・脚色 戸高米友見

嬉しいな。漆原先生と取り組ませていただいた初めての絵本「あかりちゃんのつうがくろ」では劇にしていただき感激しましたがそれに続き、今回はラジオドラマに!!どんな風になるのかとても楽しみです。皆さま機会がありましたら是非聞いてみてください☆

 

f:id:rumir:20200127115636j:plain

f:id:rumir:20200623155221j:plain

 

父の日の絵本と映画☆

今日は父の日!

でも久しぶりに色々が再開して、体力が落ちているのに加えて様々な連絡やお掃除にくったりの毎日ですっかり忘れてしまっていました。

私が初めて「こんな絵本が作りたいな」とお話を作ったのがお父さんに「いつかはぼくも」と憧れるこの絵本でした。弟は映画を作っていますが、弟の監督した初めてのメジャーデビュー作は伊坂幸太郎さん原作の「オーファーザー」とこちらもお父さんをモデルにした映画。偶然だけど、どっちもパパものだ!と思っています。

私たちの父はライオンでもペンギンでも4人いるわけでもありませんが、今年も元気でいてくれたらいいなと思っています。ちょっと遅れてしまったけれど父の日のプレゼントに、、よかったらぜひ読んで(見て)くださいね☆

f:id:rumir:20200621212929j:plain

f:id:rumir:20200621212933j:plain

 

「まつとき」について

国土社さまがこんなページを作ってくださいました☆わあ!ありがとうございます。

もともと「自粛でお家にいる小さな子供たちに向けたメッセージを」と依頼頂いたのが始まりの小さなメッセージ絵本です。だから、お家で「〇〇ちゃんへ、絵本が来たよ」とたくさんのチビさんにお手紙みたいに届いたらいいな、と願っています。それで巣穴でじっと待ってる動物たちや、本を読んでるリスたちみたいに過ごそう、とちょっと納得したり、いろんなときがあるんだな、と感じてくれたら嬉しいな。。

 

f:id:rumir:20200519124221j:plain

www.kokudosha.co.jp

絵本「まつとき」特設ページを作っていただきました☆

コウノトリブックス様が、予定よりちょっと早くページを作ってくださったそうです。お名前を入れたりしなければいけないけれど、ちゃんとしたところなので大丈夫と思います。お手数お掛けしますが、見ていただけたら嬉しいです!

www.dfbooks.co.jp

「絵本「まつとき」ダウンロードページ
コロナウイルスで不安な中、懸命に頑張る子どもたちにエールを送ろうと、
京都在住の絵本作家「よしだ るみ」さんが新作絵本「まつとき」を制作してくれました。
今までも、地球の長い歴史の中で、抗うだけでは解決できないことが起きていたはず。
そんな時に、どう考え、どう過ごすべきか。
やさしいタッチの絵が、感じ、考えることを子どもたちによびかけています。
原画を託された(株)DFB (コウノトリブックス)がPDF化し、無料でHPからダウンロードできる形にしました。
家庭で、保育園で、幼稚園で、学校で、沢山の子どもたちの目に触れてほしいと願っています。」

コロナ自粛の子供たちへ向けたミニメッセージ絵本をかきました

皆さまお変わりございませんか?

私はコトコト絵を描く毎日です。4月に入ってから、大阪の教育関係の方から「コロナの影響でお家にいる子供に向けてメッセージをください」とご連絡いただきました。絵本作家として私はまだまだひよっこで、本当に身にあまる事ですが、二週間ほどかけてミニ絵本のかたちでメッセージを描きました。もともとは数カ所の図書館で発表する予定だったそうですが、もう少しいろいろな人に読んで欲しい、と「コウノトリブックス」さんが間に入ってくださる事になり、5月15日から配信予定だそうです。お知らせを作っていただいたので、よかったらみてくださいね。

いつもはお教室があったり、いろいろな予定で毎日が巡っていくけれど、誰も止めないと朝から晩までお部屋で絵を描いて日に焼けて、ほっぺたにやけどをしてしまったりしています。

病院や政治や地域でお仕事されている方の応援をしては、なかなかこういう時に人の役に立てることの難しさをもどかしく思い、人の優しさ自然の強さに感動する毎日です。私の小さい絵本も、もしタイミングがあったら是非見ていただけたら嬉しいです。

f:id:rumir:20200512114055j:plain

 

よしだるみのどうぶつのかぞく絵本☆

2019年に出版いただいた絵本、3冊セットのページを国土社さんに作っていただきました!

幸せなことに「ファーストブック」(赤ちゃんにプレゼントする最初の絵本)としてオススメいただいたり、様々なお話をいただいています。嬉しいな。。

1巻目はお父さん、2巻目はお母さん、そして3巻目はきょうだいと仲間の絵本です。

流れてしまったけれど卒園式でみんなで読みました、というお手紙をいただき感激でした。

また、おじいさまおばあさまが暮らしておられるグループホームの読み聞かせで人気と伺い驚きました。

昨日は熊本から、コロナで活動できない読み聞かせの方から配信許可のお願いが出版社にあったそうです。

私ができることはほんの少しだけど、できることを全力で頑張ろうと思います。
皆さんも、心と体をぽかぽかにしてお過ごしくださいね!

www.kokudosha.co.jp

ご出産祝いの絵本の選書に選んでいただきました!

嬉しいお知らせをいただきました☆

「絵本をおすすめいただいてるよ!」

と編集さんに教えていただき、何だろう・・!と思って見てみたら、、

素敵な目白の絵本屋さんのホームページ、ご出産祝いの絵本のおすすめに「わたしはいつも」をご紹介いただいていました!

「もう一冊はママ用に、繊細に描かれた動物たちの表情を眺めるだけでも癒される『わたしは いつも』を選びました。小さな女の子の目線で語られている絵本なので、ちょうど2歳のおねえちゃんからのママへのメッセージのようにも感じていただけるかと思いました。短い言葉で綴られた絵本なので、ほんのわずかでもママにもリラックスした時間をもたらせてくれたら嬉しいです。(にこにこ書店さまHPより)」

だって!!わあい、わあい、嬉しいな!!

にこにこ書店さま、どうもありがとうございました!!

 

www.nikoniko-books.com

f:id:rumir:20200409160647j:plain